出版社の方にアーティストのアトリエ集のようなものを出して欲しい、と言われて手掛けたのが1作目の『東京の仕事場』です。

もともと部屋ものとか好きだったのと、作品が好きなアーティストの方に協力いただいたこともあって毎日好きな人に会えるしで、楽しくて仕方なかったです。

インタビューの書き方は私が出版社にいた頃作ったある特集の文章の延長線上にあります。もう10年も前のことです。成長しない証。でもこういう鍵かっこのない文で、人のことを書いてみたいと思いました。

おしゃれな感じになるのも嫌で、タイトルも「アトリエ」という言葉は却下して「仕事場」にしました。